So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

GINZA SIXに銀座平翠軒がオープンしました [旬の旨いもの]

GINZA SIXの地下二階に銀座平翠軒がオープンしました。
倉敷にある平翠軒の銀座店です。


IMG_3838.jpg

IMG_3843.jpg


国内外の食の職人が作った美味900点が並んでいます。


IMG_3842.jpg

いまや全国区になった吉田牧場のチーズもあります。
運がよければ買えるかも。


IMG_3837.jpg


北海道は紋別の燻製職人、安倍哲郎が作ったサバの燻製もあります。


IMG_3840.jpg

あれやこれや旨いものがたくさん置いてあるので目移りしますが、
壁に展示されている木版画にも注目してください。

IMG_3850.jpg


立原位貫さんという木版画家の作品が飾ってあります。
購入できませんが、心に響く作品です。

IMG_3851.jpg

ホウロウ看板コレクターをライトニング5月号で取材しました [宣伝]

収集家を取材する連載をしているのですが、
女よりもホウロウ看板を選んだ、困った人に会いました。
庭も玄関も廊下も階段もどこもかしこもホウロウ看板だらけ。
ホウロウ看板屋敷と化した家に住んでいます。

_1280691.jpg


ヘンタイ。大がつくほどヘンタイ。
でも、実にいい顔をしていました。惚れ惚れするぐらいいい顔でした。
藤田修平カメラマンがいい顔を撮ってくれました。
顔だけでも見てほしいので、
ライトニング5月』の「ポケットの中の博物館」をご覧ください。
独身ですが、愉しそうでした。

_1280788.jpg

_1280727.jpg


雑誌『ボォーノ』で紹介した宮崎キャビアが「ガイアの夜明け」に登場 [宣伝]

エイ出版料理雑誌『ボォーノ3月号』の
「フードドキュメント」で紹介した宮崎キャビア
明日の「ガイアの夜明け」(テレビ東京)に登場するそうです。
1年間の密着取材だったと聞きました。

プロも注目している純国産のキャビアです。
楽しみです。
撮影/藤田修平)

1N7A0041.jpg

_1200349.jpg


うどん県でうどん屋めぐりの旅をしています [旅]

昨日からうどん県に来ています。
せっかくなのでうどん屋めぐりの旅を楽しむことにしました。

最初に一軒目は「さか枝」。
県庁の裏手にあり、これが4回目かな。
市内の中心部にありながら、実力派だと思っています。

IMG_3595.jpg


2軒目は地元の人に案内してもらった「上原屋本店」。
ここも市内のほぼ中心にありますが、相当うまかったです。
澄んだ汁。これまで食べてきた中でトップランクにはいる思います。

IMG_3602.jpg

本日は市街にある「山越」。
ぶっかけの有名な店で、二度目になります。
春休みやGWともなれば行列ができるそうです。

IMG_3619.jpg

明日も時間の許す限り、うどん屋めぐりをしたいと思っています。



ボーノ4月号で取材した、カイノヤの塩澤シェフのスペシャリテ、新玉ネギのパンナコッタ [本の紹介]

昨年の3月、初めてカイノヤで食事をしたのですが、一皿目がパンナコッタでした。
どこからどう見てもパンナコッタ。
鹿児島のこの店ではドルチェを最初に出すのか)
塩澤シェフは、強烈なインパクトを与えてくれました。

_1250104.jpg

料理雑誌『buono』でフードドキュメントという連載がスタートしたのですが、塩澤シェフのスペシャリテ、パンナコッタをこの連載で紹介させてもらおうと決めていました。
塩澤シェフが春の一皿目に供している料理はもちろん、ドルチェではありません。
パンナコッタはパンナコッタでも「新玉ネギのパンナコッタ」。

塩澤シェフがこのパンナコッタに使っているのが、JA延岡の空飛ぶ新玉ネギです。

_1240615.jpg

JA延岡では、1月中旬から極早生と早生種の新玉ネギを「空飛ぶ新玉ネギ」のブランド名で発売しています。
空飛ぶ新玉ネギはなぜ甘いのか、なぜ早く収穫できるのか、生産者を取材しました。

_1240643.jpg

_1240710.jpg

塩澤シェフには、パンナコッタの他、フリット、アマトリチャーナのレシピを教えてもらいました。先月、塩澤シェフのレシピ通りにフリットを作ってみたところ、なかなかでした。
フリットを作る際、小麦粉を凍らせるといいそうです。そんなテクニックを初めて知りました。

フリッタ.jpg



パスタ.jpg

3月6日発売のボーノ4月号をご覧ください。
撮影/藤田修平)


豊川稲荷でいなり寿司を食う [旅]

赤坂の豊川稲荷に何度がお参りしたことがあります。
その総本山が愛知県の豊川だと知らずに、
仕事で豊川へ行ってきましたというお話。

IMG_3583.jpg

何も知らずに足を踏み入れたわけですが、
狐様がたくさん祀って、驚きました。
壮観の一言に尽きます。

IMG_3579.jpg


IMG_3581.jpg

IMG_3578.jpg

壺屋といういなり寿司の名店でいなり寿司を購入。
甘辛くて大好きな味でした。

IMG_3584.jpg

IMG_3593.jpg


『平翠軒のごちそう宝箱』の隅をつつく/ナポリタン [本の紹介]

近年、ナポリタンが人気です。
拙宅でもときどき作ります。
ピーマン、玉ネギ、ソーセージ、ときにベーコンを炒め、
トマトケチャップをどぼどぼかけ、スパゲティをからませる。
筒に入ったパルメザンチーズがよく合います。

ところで日本で最初にスパゲティを食べたのはどこだか知ってますか?
長崎だそうです。
フランス人宣教師が長崎にスパゲティ工房を建て、
スパゲティの生産を始めたのだそうです。

日本のスパゲティ発祥の地、長崎ではナポリタンの素が作られています。
それがこちら。

IMG_0033.jpg

イタリアにはナポリタンなんて料理はありません。
そんなことはさておき。
好みの野菜を炒めたら、こいつを入れ、スパゲティをからませる。
昔どこかの喫茶店で食べたような味のナポリタンが完成します。
ちょっと味が濃いので、スパゲティは1.5人分ぐらい用意してもいいかも。
平翠軒で売っています。

撮影/カンゴロー事務所


ライトニング4月号で取材した建機ミュージアム(鹿児島市) [本の紹介]

一見ウルトラマンに登場したバルタン星人に見えますが、違います。

_1250279.jpg


建設機械のアタッチメントです。
ビルなどを壊すための解体用アタッチメントが並んでいます。
ここは鹿児島市郊外にある古い建機を集めた建機ミュージアムです。
なぜ役に立たない建機を集めてミュージアムをオープンしたのか。
エイ出版社の雑誌『ライトニング』で
連載中の「ポケットの中に博物館」で取材しました。

_1250264.jpg

_1250260.jpg

_1250242.jpg

_1250238.jpg

いまや世界のコマツとなった小松製作所が初めて生産したダンプトラック
新三菱重工が'61年に製造した国産初の油圧ショベル油圧ショベル。
車両メーカーとして有名な日本車両の、スクレープドーザ(整地作業車両)。
零戦を手掛けたことで知られる中島飛行機の技術者が
創業した林業用機械メーカー、岩手富士産業のクローラタイプのトラクタ。
などなど戦後日本の礎を築いた建機が約90代並んでいます。

_1250304.jpg

実機だけでなく、スケールモデルもごちゃまんとありました。
(撮影/藤田修平)


働く自動車が大好きな人なら、わくわくするような空間です。
鹿児島ラーメンを食べがてら、足を運んでください。
http://www.kenki-museum.com

でもその前に。
興味があるかたは本日発売のライトニング4月号をご覧ください。


大満足のロッツォシチリア(白金) [イタリア料理]

昨晩、白金にあるシチリア料理の店で食事会がありました。
ロッツォシチリアという店です。

IMG_3530.jpg

白金で食事するのは十年ぶり。
この店も初めてだったので料理はお任せ。
全部で十品以上出てきたと思います。
シチリアには行ったことがないけど、どれもパンチがきいていて最高。
ひよこ豆のフリット。

IMG_3532.jpg

モッツァレラ・ディ・ブッファラとトマト
モッツァレラが濃厚で、ジューシーでなかなか。
トマトは北海道産と聞きいたような気がしますが、甘くてジューシー。

IMG_3536.jpg

ペコリーノのフリット。初めて食べました。

IMG_3537.jpg

店内が暗くてよく見えないのが近眼で老眼にはちょっとしんどかった。
もう少し明るいと最高なんだけど。


日髙良実シェフがデモンストレーションで作った料理 [イタリア料理]

昨日、東京ビッグサイトで開催中の
厨房設備機器展に行ったところ、会場で日髙良実シェフを発見。
日髙シェフは広尾にあるアクアパッツァのオーナーシェフ。
ご挨拶をさせていただきました。

IMG_3521.jpg

マルチシェフというフードプロセッサーのデモンストレーションを実施中で、
デモンストレーションで作った料理を試食させていただきました。

IMG_3522.jpg

 IMG_3523.jpg

手前が「マルチサラダ ソースカプレーゼ」。
トマトとモッツァレラで作るカプレーゼをフードプロセッサーにかけ、
ソースに仕立ててます。
カプレーゼのソースを見るのも食べるもの初めて。
トマトの酸味がきいていて旨い。

奥が「水先案内人風リゾット」。
リゾットは米をオリーブオイルで炒め、ブロードを加えながら炊きます。
けっして難しい料理ではありません。
けれど、つきっきりで仕上げないといけないので手間と時間がかかります。
日髙シェフはブロードで7分ほど炊いた米をザルに開けてから、
炒めてリゾットを作りました。
自家製サルシッチャも入っていて、絶妙な仕上がり
大勢の見学者の前でいつもの味に仕上げるなんて
やっぱりプロはすげえなあ。

日髙シェフ、ご馳走様でした。


前の10件 | -