So-net無料ブログ作成
検索選択

竹中罐詰の「オイルサーディン」と「丹後コシヒカリ」の不思議な関係 [旅]

京都丹後といえば、竹中罐詰のオイルサーディンですよね。

IMG_4848.jpg

 

オイルサーディンを作る際に出るアラで、米を育てているという話を聞きました。
米は丹後コシヒカリ。

P1140336.jpg

 

アラを田んぼにまくわけではありません。
アラで作った有機肥料「京の豆っこ肥料」を田んぼで使っている、というのです。

肥料を作っている工場が山の中にあるというので行ってみると、
クルマが停まっていました。
工場の人に青い容器の中に何が入っているのか尋ねたところ、
「竹中罐詰からもらってきたイワシのアラが入っています」
とのことでした。

P1140364.jpg

 

アラなどを発酵させて作った「京の豆っこ肥料」を田んぼにまき、
丹後コシヒカリを育てています。
丹後コシヒカリはそのまま食べてもうまいのですが、
京都丹後では「ばら寿司」にして食べていると聞き、
ばら寿司を売っているスーパー「いととめ」でさっそく購入。
ばら寿司にはサバの水煮を煎ったものが使われているそうです。
1パック540円。
駐車場で、さっそく、ばら寿司を立ち食い。

オイルサーディンは大好きですが、
オイルサーディンと米が密接な関係にあるとは。
現地に足を運ばないとわからないことがあることを、改めて痛感しました。

今日アップした「日経トレンディネット」の「旨いご飯研究会」で
オイルサーディンと丹後コシヒカリと、
いととめのばら寿司のことを紹介しています。

IMG_4146.jpg


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

ナツパパ

ばら寿司の茶色のものがサバでしょうか。
ばら寿司って地域によってはいるものが違うんですね。
どういう味なんだろう...食べてみたい。
by ナツパパ (2015-12-16 11:03) 

中島茂信

さばの水煮缶を鍋に開け、水分がなくなるまで煎り、甘辛く味付けしたものがのっています。それが茶色い物体です。
うまかったです。
機会があればぜひ
by 中島茂信 (2015-12-16 22:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0