So-net無料ブログ作成

小島隆雄さんのドールハウスを「ライトニング」で取材しました [宣伝]

どこからどう見てもバーにしか見えません。
天井の扇風機が回っているのがわかりますか?

_1030528.jpg

いまどきこんな古めかしい自転車屋があるの?
と思ってしまう自転車屋を発見しました。

_1030718.jpg

じつは、どれもこれもすべて小島隆雄さんが手がけたドールハウスです。
ノーマン・ロックウェルの床屋をイメージした作品もあります。

_1030612.jpg

ドールハウスというと、メルヘンチックな作風を思い浮かべるのですが、
汗臭さや、酒の匂いが漂っていそうな作品があることを知りました。

_1030759.jpg

本日発売のエイ出版社『ライトニング2月号』で、
小島さんのドールハウスを取材しました。
藤田修平カメラマンに作品をアップで撮ってもらったですが、
寄れば寄るほどドールハウスではなく、
本物に見えてくることに驚きました。
つまりそれだけ精巧に作られているというわけです。
けれど、ドールハウスを撮っているのに、本物に見えていいのかどうか。
そんな葛藤を感じつつ、取材した次第です。

_1030492.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0