So-net無料ブログ作成
検索選択

少女漫画ファンの聖地、少女まんが館をライトニングで取材しました [宣伝]

高1の頃、陸奥A子の漫画から飛び出てきたようなクラスメイトがいました。
だからというわけではないのだけれど、陸奥A子のファンになり、
陸奥A子のコミックや『りぼん』を買っていました。
『りぼん』のふろくに付いていた、陸奥A子のトランプももっていたっけ。
「陸奥B子」の名で書いた詩をラジオに投稿していた時期もあります。

かつて『りぼん』が愛読誌だったこともあり、少女漫画は嫌いではありませんでした。
でも、外国人風の美しい顔が出てくる漫画だけはだめ。生理的にうけつけません。

少女漫画だけを集めた図書館があると知り、ぜひ行ってみたいと思っていました。
「少女まんが館」。
お菓子の家のように、入ったらびっくりする家をコンセプトに創業したそうです。


_1320631.jpg

週刊誌から月刊誌など、ありとあらゆる少女漫画を6万冊集めたそうです。
おかげで階段の裏側にも少女漫画。もうそこらじゅうに少女コミック。
正確に言うと、集まってきた。
当初138冊でスタートしたところ、全国から寄贈され、増えていったそうです。


_1320690.jpg

_1320676.jpg_1320646.jpg

残念ながら、時間がなくて陸奥A子と再会できませんでしたが、
今度行く機会があれば高校生の頃むさぼり読んだ陸奥A子に会ってきます。

本日発売の『ライトニング7月号』の「ポケットの中の博物館」で
少女まんが館を取材しました。
(撮影/藤田修平)

_1320619.jpg

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

ナツパパ

少女漫画ですかぁ。
ご縁が無かったなあ...ウチは男の子だけだったし。
面白いですか?...見てみたい気もするけれど。
by ナツパパ (2017-06-16 14:50) 

中島茂信

秋川渓谷が近くにあるので、観光をかねて遊びに出かけてください。
自分の場合、少女漫画は陸奥A子しか縁がありませんでした。

フランスの歴史を題材した漫画のような、お目目ぱっちりの女性が登場する漫画が、どうも苦手でした。
by 中島茂信 (2017-06-19 18:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0