So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年02月| 2017年03月 |- ブログトップ

うどん県でうどん屋めぐりの旅をしています [旅]

昨日からうどん県に来ています。
せっかくなのでうどん屋めぐりの旅を楽しむことにしました。

最初に一軒目は「さか枝」。
県庁の裏手にあり、これが4回目かな。
市内の中心部にありながら、実力派だと思っています。

IMG_3595.jpg


2軒目は地元の人に案内してもらった「上原屋本店」。
ここも市内のほぼ中心にありますが、相当うまかったです。
澄んだ汁。これまで食べてきた中でトップランクにはいる思います。

IMG_3602.jpg

本日は市街にある「山越」。
ぶっかけの有名な店で、二度目になります。
春休みやGWともなれば行列ができるそうです。

IMG_3619.jpg

明日も時間の許す限り、うどん屋めぐりをしたいと思っています。



ボーノ4月号で取材した、カイノヤの塩澤シェフのスペシャリテ、新玉ネギのパンナコッタ [本の紹介]

昨年の3月、初めてカイノヤで食事をしたのですが、一皿目がパンナコッタでした。
どこからどう見てもパンナコッタ。
鹿児島のこの店ではドルチェを最初に出すのか)
塩澤シェフは、強烈なインパクトを与えてくれました。

_1250104.jpg

料理雑誌『buono』でフードドキュメントという連載がスタートしたのですが、塩澤シェフのスペシャリテ、パンナコッタをこの連載で紹介させてもらおうと決めていました。
塩澤シェフが春の一皿目に供している料理はもちろん、ドルチェではありません。
パンナコッタはパンナコッタでも「新玉ネギのパンナコッタ」。

塩澤シェフがこのパンナコッタに使っているのが、JA延岡の空飛ぶ新玉ネギです。

_1240615.jpg

JA延岡では、1月中旬から極早生と早生種の新玉ネギを「空飛ぶ新玉ネギ」のブランド名で発売しています。
空飛ぶ新玉ネギはなぜ甘いのか、なぜ早く収穫できるのか、生産者を取材しました。

_1240643.jpg

_1240710.jpg

塩澤シェフには、パンナコッタの他、フリット、アマトリチャーナのレシピを教えてもらいました。先月、塩澤シェフのレシピ通りにフリットを作ってみたところ、なかなかでした。
フリットを作る際、小麦粉を凍らせるといいそうです。そんなテクニックを初めて知りました。

フリッタ.jpg



パスタ.jpg

3月6日発売のボーノ4月号をご覧ください。
撮影/藤田修平)


豊川稲荷でいなり寿司を食う [旅]

赤坂の豊川稲荷に何度がお参りしたことがあります。
その総本山が愛知県の豊川だと知らずに、
仕事で豊川へ行ってきましたというお話。

IMG_3583.jpg

何も知らずに足を踏み入れたわけですが、
狐様がたくさん祀って、驚きました。
壮観の一言に尽きます。

IMG_3579.jpg


IMG_3581.jpg

IMG_3578.jpg

壺屋といういなり寿司の名店でいなり寿司を購入。
甘辛くて大好きな味でした。

IMG_3584.jpg

IMG_3593.jpg


『平翠軒のごちそう宝箱』の隅をつつく/ナポリタン [本の紹介]

近年、ナポリタンが人気です。
拙宅でもときどき作ります。
ピーマン、玉ネギ、ソーセージ、ときにベーコンを炒め、
トマトケチャップをどぼどぼかけ、スパゲティをからませる。
筒に入ったパルメザンチーズがよく合います。

ところで日本で最初にスパゲティを食べたのはどこだか知ってますか?
長崎だそうです。
フランス人宣教師が長崎にスパゲティ工房を建て、
スパゲティの生産を始めたのだそうです。

日本のスパゲティ発祥の地、長崎ではナポリタンの素が作られています。
それがこちら。

IMG_0033.jpg

イタリアにはナポリタンなんて料理はありません。
そんなことはさておき。
好みの野菜を炒めたら、こいつを入れ、スパゲティをからませる。
昔どこかの喫茶店で食べたような味のナポリタンが完成します。
ちょっと味が濃いので、スパゲティは1.5人分ぐらい用意してもいいかも。
平翠軒で売っています。

撮影/カンゴロー事務所



2017年02月|2017年03月 |- ブログトップ