So-net無料ブログ作成
検索選択

『平翠軒のごちそう宝箱』の隅をつつく/ナポリタン [本の紹介]

近年、ナポリタンが人気です。
拙宅でもときどき作ります。
ピーマン、玉ネギ、ソーセージ、ときにベーコンを炒め、
トマトケチャップをどぼどぼかけ、スパゲティをからませる。
筒に入ったパルメザンチーズがよく合います。

ところで日本で最初にスパゲティを食べたのはどこだか知ってますか?
長崎だそうです。
フランス人宣教師が長崎にスパゲティ工房を建て、
スパゲティの生産を始めたのだそうです。

日本のスパゲティ発祥の地、長崎ではナポリタンの素が作られています。
それがこちら。

IMG_0033.jpg

イタリアにはナポリタンなんて料理はありません。
そんなことはさておき。
好みの野菜を炒めたら、こいつを入れ、スパゲティをからませる。
昔どこかの喫茶店で食べたような味のナポリタンが完成します。
ちょっと味が濃いので、スパゲティは1.5人分ぐらい用意してもいいかも。
平翠軒で売っています。

撮影/カンゴロー事務所


ライトニング4月号で取材した建機ミュージアム(鹿児島市) [本の紹介]

一見ウルトラマンに登場したバルタン星人に見えますが、違います。

_1250279.jpg


建設機械のアタッチメントです。
ビルなどを壊すための解体用アタッチメントが並んでいます。
ここは鹿児島市郊外にある古い建機を集めた建機ミュージアムです。
なぜ役に立たない建機を集めてミュージアムをオープンしたのか。
エイ出版社の雑誌『ライトニング』で
連載中の「ポケットの中に博物館」で取材しました。

_1250264.jpg

_1250260.jpg

_1250242.jpg

_1250238.jpg

いまや世界のコマツとなった小松製作所が初めて生産したダンプトラック
新三菱重工が'61年に製造した国産初の油圧ショベル油圧ショベル。
車両メーカーとして有名な日本車両の、スクレープドーザ(整地作業車両)。
零戦を手掛けたことで知られる中島飛行機の技術者が
創業した林業用機械メーカー、岩手富士産業のクローラタイプのトラクタ。
などなど戦後日本の礎を築いた建機が約90代並んでいます。

_1250304.jpg

実機だけでなく、スケールモデルもごちゃまんとありました。
(撮影/藤田修平)


働く自動車が大好きな人なら、わくわくするような空間です。
鹿児島ラーメンを食べがてら、足を運んでください。
http://www.kenki-museum.com

でもその前に。
興味があるかたは本日発売のライトニング4月号をご覧ください。


大満足のロッツォシチリア(白金) [イタリア料理]

昨晩、白金にあるシチリア料理の店で食事会がありました。
ロッツォシチリアという店です。

IMG_3530.jpg

白金で食事するのは十年ぶり。
この店も初めてだったので料理はお任せ。
全部で十品以上出てきたと思います。
シチリアには行ったことがないけど、どれもパンチがきいていて最高。
ひよこ豆のフリット。

IMG_3532.jpg

モッツァレラ・ディ・ブッファラとトマト
モッツァレラが濃厚で、ジューシーでなかなか。
トマトは北海道産と聞きいたような気がしますが、甘くてジューシー。

IMG_3536.jpg

ペコリーノのフリット。初めて食べました。

IMG_3537.jpg

店内が暗くてよく見えないのが近眼で老眼にはちょっとしんどかった。
もう少し明るいと最高なんだけど。


日髙良実シェフがデモンストレーションで作った料理 [イタリア料理]

昨日、東京ビッグサイトで開催中の
厨房設備機器展に行ったところ、会場で日髙良実シェフを発見。
日髙シェフは広尾にあるアクアパッツァのオーナーシェフ。
ご挨拶をさせていただきました。

IMG_3521.jpg

マルチシェフというフードプロセッサーのデモンストレーションを実施中で、
デモンストレーションで作った料理を試食させていただきました。

IMG_3522.jpg

 IMG_3523.jpg

手前が「マルチサラダ ソースカプレーゼ」。
トマトとモッツァレラで作るカプレーゼをフードプロセッサーにかけ、
ソースに仕立ててます。
カプレーゼのソースを見るのも食べるもの初めて。
トマトの酸味がきいていて旨い。

奥が「水先案内人風リゾット」。
リゾットは米をオリーブオイルで炒め、ブロードを加えながら炊きます。
けっして難しい料理ではありません。
けれど、つきっきりで仕上げないといけないので手間と時間がかかります。
日髙シェフはブロードで7分ほど炊いた米をザルに開けてから、
炒めてリゾットを作りました。
自家製サルシッチャも入っていて、絶妙な仕上がり
大勢の見学者の前でいつもの味に仕上げるなんて
やっぱりプロはすげえなあ。

日髙シェフ、ご馳走様でした。


『平翠軒のごちそう宝箱』の隅をつつく/ピエトロ・ロマネンゴ [本の紹介]

平翠軒では1500点ほどの商品を扱っている。
いちばん廉価なのが200円程度のお菓子だ。
調味料など、比較的手を出しやすい食材が多い中で、
ピエトロ・ロマネンゴだけが突出している。
砂糖漬けのお菓子で、ひと箱20000円。
右側に詰めてあるのは果物の砂糖漬けだ。
6時間毎に濃度の異なる砂糖水に漬ける作業を、1週間くりかえす。
おそろしいぐらい手間暇をかけてようやく完成する。

ヒ-エトロ・ロマネンコ-のお菓子.jpg

ピエトロ・ロマネンゴは1780年にジェノバに創業した。
以来いまも創業当時の製法を踏襲している。

数年前、平翠軒では関西デパートの催事のために
このセットを23個仕入れた。
1個だけ売れ残ったのが、これだ。
創業当時の様子を描いた木製のパッケージもまた美しい。
この20000円のセットを扱っているのは、
いまのところ平翠軒のみ。
20000円の価値がわかる人に贈れば、喜んでくれるに違いない。
オーダーすれば、航空便で取り寄せてもらえる。

IMG_0081.jpg

〈撮影/カンゴロー事務所
 


『平翠軒のごちそう宝箱』の隅をつつく/アバロンパテ [本の紹介]

伊勢志摩にはアワビを名物料理に謳っているホテルがある。
ただし、レストランでは、その肝をすべて使わないため、処分していた。
伊勢志摩に点在するホテルをまわり、アワビの肝を回収し、
完成させたのが、このアバロンパテである。
撮影/カンゴロー事務所

 _N__6621.jpg

これを茹でたてのパスタにからめて食べるとめっぽう旨い。
もちろん、懐があたたかければ、
アワビを使ったパスタにすれば贅沢なパスタにありつけそうだが、
あいにくその余裕がない。
そんなときはいまが旬のカキを仕入れるといいだろう。
バターでソテーしたカキにこのアバロンパテをからめ、
パスタにしても旨い。
以前作ったことがあるのだが、とてもうまかった。

アワビの肝はあまり旨そうな色合いではないが、
一度はまると、とことんはまる。

アワビの肝ソース.jpg


『平翠軒のごちそう宝箱』の隅をつつく/クリームチーズの味噌漬け [本の紹介]

倉敷にある平翠軒では、
地方の小さな食品メーカーが開発したものはもちろん、
割烹や洋食店などが作っているものも数多く販売している。
友人や平翠軒の常連客の紹介で扱うことになるケースが多い。

_N__6762.jpg

「こんなものを作っている人がいるんだが、平翠軒で扱わないか」
食いしん坊が、食いしん坊に旨いものを教える
食いしん坊つながりで、旨いものがまたひとつ増えるというわけだ。

_N__6967.jpg

クリームチーズ味噌漬け」もそのひとつ。
忠臣蔵で有名な兵庫県赤穂にある割烹が、
酒のアテとして店で出していたものだ。
それを平翠軒の当主、森田昭一郎が聞きつけ、扱うようになった。

ねっとりとした食感が、堪えられない。
日本酒はもちろん、白ワインにも合いそうだ。

_N__6470.jpg

〈撮影/カンゴロー事務所


『倉敷・平翠軒のごちそう宝箱』の隅をつつく・高津川天然鮎茶漬だし [本の紹介]

倉敷・平翠軒のごちそう宝箱』の表紙にも使われているこの食材は、
島根県益田市を流れる高津川で捕れた天然鮎を使ったお茶漬け
まだ高津川を見たことがないが、清流日本一の川に選ばれたという。

_N__7031.jpg

地元の食品メーカーが、日本一の清流で育った鮎を使った惣菜を開発した。
清流を泳ぐ鮎をイメージしたパッケージが印象的だが、
デザインの都合上、パッケージを大きく扱うことができなかった。
この商品を考案したメーカーも、デザインを考えたデザイナーも、
この美しいパッケージを大勢の人に見てもらいたがっているはずである。

IMG_0125.jpg

季節商品なので、入荷は初夏以降になるが、
入手したらすぐに封を切らず、清流高津川が流れる音を想像しながら、
パッケージをじっくりと愛でていただきたい。
それから召し上がっていただければ、旨さが倍増する(はずである)。
鮎を炭火で丁寧に焼いてあるので、頭から丸ごと食べられる。

撮影/カンゴロー事務所〉

保存

『倉敷・平翠軒のごちそう宝箱』の隅をつつく・吉田牧場 [本の紹介]

岡山県の山中に吉田牧場がある。
日本でもっとも有名なチーズ工房のひとつだが、
牧場をはじめた頃はまだ水も通っていなかったという話を
吉田牧場の吉田全作さんから聞いたことがある。
初めて吉田全作さんに会ったのは2001年5月。

IMG_3502.jpg

吉田牧場のチーズを扱っていた、
平翠軒の森田昭一郎さんといっしょに吉田牧場へ出かけていった。

昨秋、久しぶりに吉田牧場を再訪したのだが、
フランスでチーズ作りの修業をした息子の原野さんとチーズを作っていた。
工房の規模が大きくなり、以前はなかった地下貯蔵用に
ラクレットなどを寝かせていたが、製法は昔と同じだった。

_D3_5413.jpg

_D3_5359.jpg

_D3_5256.jpg

平翠軒は岡山県倉敷市の美観地区と呼ばれる場所にある。
近くには大原美術館、アイビースクエアガーデンなどがある観光のメッカだ。
倉敷は戦災にあっていないため、いまも古い町並みが残っている。
大原美術館があったため、倉敷は戦災にあわなかったとされる。
大原美術館は、大原孫三郎が収集品の絵画を展示するために創った。
詳細は、城山三郎著『わしの眼には十年先が見える』(新潮文庫)をお読みください。
片や、平翠軒は、食コレクターの森田昭一郎さんが開業した。
31坪の店内には、旨そうなものが所狭しと並んでいる。

_N__7075.jpg

_N__6744.jpg


平翠軒では同じ岡山のよしみもあり、吉田牧場の名が全国区になる前から
吉田全作さんのチーズを扱っていた。
吉田牧場の名が有名になるにつれ、
吉田牧場から届くチーズの数が減っていったが、
それでもラクレットや、ときどき、カチョカヴァロが送られてくる。
カチョカヴァロはひょうたん型のチーズだ。
自分の牧場でとれた牛乳だけでチーズを手作りしているので数に限りがある。
運良く手に入ったら、ステーキにするといいだろう。

_D3_5294.jpg

初めて平翠軒を訪れたのは、2001年3月のことだ。
以来数えられないぐらい出かけている。
平翠軒には、見たこともない食材がいつも並んでいる。
すべての商品にはどこの誰が作ったものなのかが書かれた
手書きのポップが添えられている。
それをひとつひとつ読んでいると、すぐに時間が経ってしまう。
しかも行く度に新しい商品が増えている。
おかげでいつも新鮮な気持ちで店内の散策を楽しめる。

_N__6752.jpg

4月20日、銀座松坂屋の跡地に銀座平翠軒がオープンする。
それを記念し、小学館から『倉敷・平翠軒のごちそう宝箱』が出版された。
著者は、当主の森田昭一郎。
「『平翠軒のごちそう宝箱』の隅をつつく」と題する一文を
デブログに綴っていくことにしました。

1.25平翠軒カバー .jpg

森田昭一郎さんがなぜ平翠軒をオープンしたのか。
その経緯を『平翠軒のうまいもの帳』(2005年発行/えい文庫)に
書かせていただいた。
絶版だが、平翠軒で購入可能だ。取り寄せも可能。
興味があればご一読ください。

〈撮影/河谷俊輔(カンゴロー事務所)、一部中島〉

保存保存

「GINZA SIX」にオープンする倉敷の「平翠軒」の本が出ます [本の紹介]

2月15日、
『平翠軒のごちそう宝箱』という本を小学館から出すことになりました。
岡山倉敷市に
「おいしいものブティック平翠軒』という全国のうまいものを集めたがあるのですが、
平翠軒で扱うおいしいものを紹介する本です。

IMG_2577.jpg

1.25平翠軒カバー .jpg

4月20日、銀座松坂屋の跡地に「GINZA SIX」という商業施設がオープンします。
その地下2階に銀座平翠軒が開業することもあり、
平翠軒の本を上梓することになりました。
中島が企画・執筆しましたが、平翠軒の当主、森田昭一郎の名で出版します。
吉田牧場のカチョカバロや、広島のおばんざい木むらのドライカレーなど、
おいしいものを作っている人や食材の話が書かれています。
よろしくお願いします。

IMG_3333.jpg

保存