So-net無料ブログ作成

福岡の糸島で塩を作っている工房とったんと、その塩を使った料理を供するイタル [旅]

福岡の糸島で塩を作っている工房とったんを取材しました。


IMG_4035.jpg


関東で言えば、湘南のような風景なのですが、海はコバルトブルー。


IMG_8283.jpg

撮影/海保竜平


IMG_8608.jpg

撮影/海保竜平


沖縄で見たような、きれいな海水を釜で炊き、塩に加工しています。
工房とったんでは、自家製の塩を使ったプリンを食べさせてくれます。


IMG_4037.jpg

手作りの塩を使った料理を提供する料理屋「イタル」もやっています。


IMG_4056.jpg


塩釜焼きを出しているのですが、そのレシピを教えてもらいました。
エイ出版社の料理雑誌『ボオーノ8月号』のクラフトレストランをご覧ください。

IMG_8830.jpg

撮影/海保竜平

でっかいどう北海道のハンバーガーはバンズがデカイ [旅]

帯広へ行ってきました。
昼は、取材先に教えてもらったハンバーガーショップで。
「北海道中から人が食べに来ます」と教えてもらいました。
アメリカンサイズのハンバーガーを実食。
でっかいどう、北海道のバンズはかなりデカイ。


IMG_4234.jpg



バンズだけ比較すると、どれだけ大きいかわかると思います。


IMG_4236.jpg



その足で醤油ラーメンの店へ向かいました。
ちぢれ麺で、あっさり系のスープ。
大好きな味でした。


IMG_4238.jpg


IMG_4239.jpg

ラーメン屋の対面にパン屋を発見。
デザートに130円のクリームパンをいただきました。
動産の牛乳で作ったカスタードクリームが入っているそうです。

IMG_4240.jpg



愛人ではなく、愛車を250台囲っている道楽者 [宣伝]

「男の甲斐性とは、日替わりで愛人を持つことである」
という名言をはいた友人がいたが、
この人の場合、6か所に250人の愛人、ではなく「愛車」を囲っている。
もうドがつくぐらいヘンタイ。
というか、男としてうらやましい。


_1350463.jpg


_1350369.jpg


_1350460.jpg


_1350488.jpg


_1350434.jpg


_1350499.jpg

桁違いのヘンタイを『ライトニング8月号』の「ポケットの中の博物館」で取材しました。
またこの人が、いい顔をしているんだよなあ、まったく。
だから、ますます男として悔しい思いをしたものであります。
ヘンタイの顔を見たければ、ライトニング8月号をご覧ください。
思い出すだけで憎たらしい漢でありました。
撮影/藤田修平

少女漫画ファンの聖地、少女まんが館をライトニングで取材しました [宣伝]

高1の頃、陸奥A子の漫画から飛び出てきたようなクラスメイトがいました。
だからというわけではないのだけれど、陸奥A子のファンになり、
陸奥A子のコミックや『りぼん』を買っていました。
『りぼん』のふろくに付いていた、陸奥A子のトランプももっていたっけ。
「陸奥B子」の名で書いた詩をラジオに投稿していた時期もあります。

かつて『りぼん』が愛読誌だったこともあり、少女漫画は嫌いではありませんでした。
でも、外国人風の美しい顔が出てくる漫画だけはだめ。生理的にうけつけません。

少女漫画だけを集めた図書館があると知り、ぜひ行ってみたいと思っていました。
「少女まんが館」。
お菓子の家のように、入ったらびっくりする家をコンセプトに創業したそうです。


_1320631.jpg

週刊誌から月刊誌など、ありとあらゆる少女漫画を6万冊集めたそうです。
おかげで階段の裏側にも少女漫画。もうそこらじゅうに少女コミック。
正確に言うと、集まってきた。
当初138冊でスタートしたところ、全国から寄贈され、増えていったそうです。


_1320690.jpg

_1320676.jpg_1320646.jpg

残念ながら、時間がなくて陸奥A子と再会できませんでしたが、
今度行く機会があれば高校生の頃むさぼり読んだ陸奥A子に会ってきます。

本日発売の『ライトニング7月号』の「ポケットの中の博物館」で
少女まんが館を取材しました。
(撮影/藤田修平)

_1320619.jpg

福岡の山奥にある「イビサスモークレストラン」でサラミ、生ハムを喰らいました [旅]

福岡空港からクルマで70分ほどの場所にイビサスモークレストランがあります。
初めて行ったのはかれこれ十年ほど前。
高速を降りてから市街地を走り抜け、さらに山の中へと向かっていきます。

(私はいったいどこへ連れて行かれるのかしら?)

助手席に座り続けていたときの気分は、
『火曜サスペンス劇場』で愛人(どこかの会社の部長だったり、医者)に殺される、
身ごもった「愛人」になった気分でした。
食事をしにいくというよりも、イワナでも釣りにでも行くような気分です。
なにしろ途中には日本棚田百選に選ばれた棚田があります。
どんな場所にあるのか、推して知るべし。



IMG_3785.jpg

そんな人里離れた、とんでもない山奥にイビサスモークレストランはあります。


IMG_3794.jpg


無添加のハムやソーセージ、生ハムを作っているのですが、
それらを使った料理を食べさせてくれます。


_D3_3752.jpg


厨房の脇にしつらえた石窯でパンを焼くだけでなく、調理もしています。
かと思えば、おき火で肉を焼きます。
焼き鳥屋なら炭火はあたりまえですが、
イビサスモークレストランではおき火で肉を焼きます。
その木は地元産梨の木を使っています。
梨の木で焼くと、ほのかに甘い香りが肉に付くそうです。


IMG_3788.jpg

IMG_3789.jpg

IMG_3791.jpg

イビサから歩いて数分の場所に、
地域で管理する宿泊施設が7月頃オープンします。
杉の皮を屋根に敷いた古民家を改造した宿泊施設です。
風呂は檜風呂。
ここに泊まり、イビサで夕食が食べられるようになれば、
スペイン産ワインも味わえるはずです。
あ〜〜、泊まってみたい。


P1050034.jpg

こちらもいま発売中のエイ出版『ボオーノ6月号』で取材しました。

うどん県が誇るオリーブ牛を食べてきました [旅]

うどんだけではない香川が誇る、
オリーブ牛を『ボオーノ6月号』(本日発売)で取材しました。
高松市内にある焼肉屋では、オリーブ牛を食べることもできます。


IMG_3606.jpg


白いのは牛脂。
牛脂というと、スーパーでただで配っているものを思い浮かべますが、
この焼肉屋では生で食べさせてくれました。
甘味もあり、トロトロで、とろけるような食感でした。


IMG_3607.jpg

香川へ行ったら、うどんもいいけど、オリーブ牛もぜひ。
もちろん取り寄せもできます。
どこで買えるかは、ボオーノをお読みください。

幸田サーキットYRP桐山の山本雅樹さんと克典さんを取材しました [宣伝]

2005年にある新聞で紹介されていたのを見て、
ぜひ会いたいと思っていた人がいます。
カーレース好きが高じて、
採石場跡をサーキットに変身させてしまった山本雅樹さんと克典さんの兄弟です。


_1280851.jpg

コース全長約1kmですが、
2003年11月のオープン当初、JAF公認コースでした。


_1290076.jpg


JAFに公認されるにはF1規格が求められるそうです。
どいうことかというと、ミニサーキットだろうがなんだろうが、
鈴鹿サーキットや富士スピードウェイと同じ安全基準が必要だというのです。
自分はカーレースには門外漢なので、
「古タイヤでも置いておけばいいじゃん」
と乱暴なことを思ったのですが、
F1マシーンが激突しても大丈夫なガードレールを設置しなけばならなかったそうです。
かかった費用は5億円。
自分にその金があったら、別のことに使うはずですが、
サーキットに5億円も使った兄弟にぶっ飛びました。

『ライトニング6月号』の連載「ポケットの中の博物館」で取材しました。
これまでいろいろな困った人を取材してきましたが、
いちばんデカイ宝物を持っている人だと思います。


_1280993.jpg

それにしてもいい顔をしていると思いませんか。
羨ましいぐらい人生を謳歌しているよなあ、この兄弟。
見習いたい。
(撮影/藤田修平)

GINZA SIXに銀座平翠軒がオープンしました [旬の旨いもの]

GINZA SIXの地下二階に銀座平翠軒がオープンしました。
倉敷にある平翠軒の銀座店です。


IMG_3838.jpg

IMG_3843.jpg


国内外の食の職人が作った美味900点が並んでいます。


IMG_3842.jpg

いまや全国区になった吉田牧場のチーズもあります。
運がよければ買えるかも。


IMG_3837.jpg


北海道は紋別の燻製職人、安倍哲郎が作ったサバの燻製もあります。


IMG_3840.jpg

あれやこれや旨いものがたくさん置いてあるので目移りしますが、
壁に展示されている木版画にも注目してください。

IMG_3850.jpg


立原位貫さんという木版画家の作品が飾ってあります。
購入できませんが、心に響く作品です。

IMG_3851.jpg

ホウロウ看板コレクターをライトニング5月号で取材しました [宣伝]

収集家を取材する連載をしているのですが、
女よりもホウロウ看板を選んだ、困った人に会いました。
庭も玄関も廊下も階段もどこもかしこもホウロウ看板だらけ。
ホウロウ看板屋敷と化した家に住んでいます。

_1280691.jpg


ヘンタイ。大がつくほどヘンタイ。
でも、実にいい顔をしていました。惚れ惚れするぐらいいい顔でした。
藤田修平カメラマンがいい顔を撮ってくれました。
顔だけでも見てほしいので、
『ライトニング5月』の「ポケットの中の博物館」をご覧ください。
独身ですが、愉しそうでした。

_1280788.jpg

_1280727.jpg


雑誌『ボォーノ』で紹介した宮崎キャビアが「ガイアの夜明け」に登場 [宣伝]

エイ出版の料理雑誌『ボォーノ3月号』の
「フードドキュメント」で紹介した宮崎キャビアが
明日の「ガイアの夜明け」(テレビ東京)に登場するそうです。
1年間の密着取材だったと聞きました。

プロも注目している純国産のキャビアです。
楽しみです。
(撮影/藤田修平)

1N7A0041.jpg

_1200349.jpg